• 超音波を使ったねずみ駆除方法

    超音波を使ったねずみ駆除は、忌避剤に比べると長い時間をかけて、ゆっくりと効果が得られるものが多いとされています。

    ネズミ駆除の特徴を紹介するサイトです。

    ねずみは、毒餌に耐性を示すこともあるほど、学習する動物のため、粘着シートをよけて通ったり罠があっても餌だけとって回避したりすることがあります。

    評判が高いReutersの知りたかった情報がきっと見つかります。

    ねずみの嫌いな周波数の超音波を出すことでねずみを追い出し、再侵入を防ぐ形で、ねずみ駆除を行います。


    超音波を使ったねずみ駆除では、ねずみに対して超音波が跳ね返って当たったものよりも直接当たるようにしたほうが効果が高まります。



    ねずみが床で活動している場合には、床に近いほうに設置を行い、ねずみが高い場所で活動している場合には、天井に近い場所に設置します。


    ねずみが高い場所で活動しているのにも関わらず、機器を床近くなどでの超音波が直接当たらない場所へと設置してしまうと効果が期待できなくなります。一般的なねずみ被害の場合は、床に面した部分が大半となるため、床から20センチから60センチの高さに設置することになります。
    天井裏にねずみが出ている場合には、延長コードなどを使って機器を取り付けることになります。

    ただし、機器の置き方によっては、天井裏の隅のほうまで届かなくなるため、機器を天に向けるように置かないようにし、正しい機器の置き方を行うようにします。

    天井板が開かない場合は、部屋から天井板を通して、天井裏のねずみまで届くように角度を考えて設置することになります。